抗うつ剤が効果を発揮|現代病にピリオドを

服用時は注意が必要

薬

眠気や食欲不振になった場合

抗うつ剤は脳内物質のセロトニンを補充してくれるのが主な効果です。うつ病を発症している人の大部分でセロトニンの低下が見られるため、最近有力誌されているうつ病を発症する原因にセロトニンの低下があります。低下するセロトニンを補充してくれるわけですから、うつ病を始めとしたこころの病気に効果があることは誰でもわかるのではないでしょうか。抗うつ剤は以前とは比べ物にならないほど安全になっていて、重い副作用が起こることはあまりありませんが、一つの薬が全ての人に効果があるというわけではありません。中には薬を服用することによって副作用を引き起こすこともあります。副作用を引き起こした場合はどのように対処すればよいのでしょうか。大部分の抗うつ剤には鎮静作用があります。この鎮静作用によって薬を飲み始めた人に特にあらわれる症状が日中の強烈な眠気です。眠気覚ましに効果があるもので知名度の高いものとしてはカフェインがあります。そこで抗うつ剤の眠気を解消しようとやたらとコーヒーをたくさん飲む人を中に見かけますが、過剰なカフェイン摂取は却って立った時に目まいを起こしやすくなるので逆効果です。薬に慣れることによって眠気は解消していきますが、どうしても眠気が耐えられない場合は医師に相談しましょう。すると薬の量を減らしてくれたり薬の種類を変えてくれたりします。新しい抗うつ愛の方が鎮静作用は少ないため、眠気に襲われる確率は少なくなります。そして、ある抗うつ剤を服用し始めたときによく起こる症状の一つに食欲不振があります。抗うつ愛による食欲不振はどちらかというと肥満の人に起こりやすいといわれています。肥満の人はしばらく食欲が無くなって体重も減少するので、厳密には副作用ではないのかもしれませんが、食欲不振はもちろん肥満気味の人だけではなく体重が平均的な人に起こることがあります。もし食欲不振が改善されない場合は飲んでいる抗うつ剤を飲まないようにすること1ヶ月から2ヶ月後には元の食欲に戻ります。このように、副作用に関しては個別に対処法が存在しますが、自分だけで解決せずに必ず医師に相談し、適切な対処を取ってもらうようにしましょう。

Back to Top