抗うつ剤が効果を発揮|現代病にピリオドを

抗うつ剤でうつ病を治す

病院

抗うつ剤を適切に服用する

抗うつ剤はうつ病になると不足してしまうセロトニン、ノルアドレナリンという神経伝達物質を増やすために処方されます。セロトニンが不足すると不安や気分の落ち込みを招き、ノルアドレナリンが減るとやる気や意欲の低下を起こしてしまい、身体がいつまでもだるい、やらなければいけないことなのにどうしても出来ない、など日常生活を脅かし、うつ病にしてしまいます。これらの症状を改善できるのが抗うつ剤なのです。他にもパニック症候群など不安が強まる病気にも処方されます。抗うつ剤には症状ごとに種類があり、それぞれ医師やカウンセラーが患者の話をよく聞いてから症状ごとに適切な薬を処方してくれます。不安の症状が強く出ているときには、セロトニンを増やしてくれるSSRIという薬が適しています。副作用が出ることが少なく、処方されることが多い薬です。ただし、急に薬を飲むのを止めてしまうと、離脱症状という一時的に集中できなくなったり、強い吐き気などを起こす可能性もあるので、医師に相談しながら飲むようにしましょう。SNRIは最近出来た比較的新しい抗うつ剤で副作用も少なく飲みやすい薬です。気分の落ち込みや意欲低下など幅広い症状を改善してくれます。抗うつ剤はうつ病にとてもよく効く薬ですが、副作用の症状が強く出てしまうことがある薬なので、初めは少しずつしか処方できず、長期間にわたって薬を飲み続ける必要があります。また薬をもう治ったからと言って医師の診断を待たずに勝手にやめてしまうことは出来ません。急に症状が再発してしまう可能性があるからです。治している途中で病気の症状が変わることもあるので、その時の症状に合わせた薬を処方する必要もあります。抗うつ剤を服用する際は正しい用法、用量を守ることが大切です。もし薬が合わないと感じたり、副作用が出てしまったときには医師に相談して、服用する薬を変えてもらったりしましょう。うつ病を治すには抗うつ剤や十分な休養などが必要不可欠になってきます。自分ひとりで悩まずに家族や友人に相談したり、医師から抗うつ剤を処方してもらって、病気の改善を目指しましょう。

Back to Top