抗うつ剤が効果を発揮|現代病にピリオドを

うつの症状を改善する薬

医者

抗うつ剤の種類や使い方

抗うつ剤には大きく分け三環系抗うつ剤と四環系抗うつ剤と言われる昔からある抗うつ薬と、SSRIやSNRIと言われているという抗うつ剤に別れます。三環系抗うつ剤と四環系抗うつ材料の代表的な物はトフラニールです。こちらの薬剤の特徴は抗うつ作用が非常に強いです。そのため医師によっては今でも優先的に利用する人もおり、その中でもうつ症状が強い場合にはその傾向が強くなります。その反面喉の渇きや手の震えなどの副作用が強いのもこちらの薬剤の特徴であまりにも副作用が強い場合だと、SSRIやSNRIに切り替える場合もあります。SSRIやSNRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われている最新の薬剤で、パキシルやレクサプロと言われている抗うつ剤です。こちらの薬剤はセロトニンと言われている脳内物質の再取り込みを阻害する事でうつ症状を改善させようとする薬剤で、三環系抗うつ薬などと比べて副作用が比較的少ないと言われています。しかし副作用が少ない分効果も少ないと言われており、自殺の恐れがあるような場合には選択されない薬剤です。こちらの薬剤の効果を実感するのであれば最低二週間程度の時間が必要です。どちらの薬剤も長期間服用する必要があります。血液内の血中濃度をある程度保っておく必要があるからです。血中濃度が下がってしまうとうつ症状が非常に激しく出る可能性があります。抗うつ剤をやめたい場合には精神科医師の指導のもと少しずつ薬剤の量を減らしていかないといけないです。妊娠している人に対しては胎児の奇形を考えないといけないですが、その危険性はかなり低いので、精神科医や産婦人科医の指導のもと抗うつ剤を服用する事が大切です。勝手に断薬した方が赤ちゃんに悪影響と言われています。授乳期だと母乳を通じて赤ちゃんに薬の成分が移行してしまうので、その場合には三環系抗うつ薬やSSRIではなく漢方薬である抑肝散が処方されます。抑肝散でも十分に効果があり、なおかつ赤ちゃんに薬剤が移行してもほとんど影響はないので、授乳期しているお母さんでも安心して飲めます。

Back to Top