抗うつ剤が効果を発揮|現代病にピリオドを

正しい服用で病気を克服

ナース

恩恵をよりよく受けるために

うつ病の治療はカウンセリングと投薬が一般的です。認知療法なども一般的になってきましたが、緊急性の高い症状ほど抗うつ剤が重要になります。ただ万能薬が存在するわけではなく病状に合わせて使い分けることが基本です。そのため時にはアレンジを繰り返し、より確かに効く抗うつ剤を選んでいくこともあります。こうした診療が長期化したからといって中断したり服用しなくなるのは戒めるべきです。うつ病は一進一退を繰り返しながら、ゆっくりと快方へ向かっていきます。その途中で医学的アプローチを止めると再びスタート地点に戻りかねません。しかも投薬を再開しようとすると、その頃には抗うつ剤への耐性ができあがっていることがあります。こうなるとより副作用の強い薬剤を用いるしかなくなり、体への負担が増えかねません。中々効果が見られない時でも症状が落ち着いてきた時でも服用し続けることは基本中の基本です。寛解を実感するほど症状が払拭された時期こそ、最も油断しやすい時期になります。治ったと勝手に自己判断して抗うつ剤を手放してしまう人が後を絶ちません。しかし病状が潜在化しているだけで、些細なきっかけで再発することは十分考えられます。医師の許可を得ずして抗うつ剤の服用を止めることは病気へ逆戻りしやすいため要注意です。逆に効き目が弱いからと言って量を増やすことも厳しく戒めなければなりません。薬剤には必ず副作用があり、通常はほとんど見られなくとも服用量と比例して激しくなります。時には生命に関わる事態にもなりかねませんので、不安がある時ほど自己判断は禁物です。抗うつ剤は医師から処方されて初めて使用できる薬であり、自由に手を出すべきものではありません。効能が強いものほど体質に考慮しなければならず専門的知識と経験が要求されます。これらを無視して服用することは大変危険な行為です。こうした背景により抗うつ剤の譲渡は厳しく制限されています。効き目があるからと言って勧められるまま他人から薬を譲り受けないようにしましょう。精神科や心療内科に通うことが、抗うつ剤の恩恵を正しく受けられる唯一の道です。

Back to Top