キレイな歯の女性
ブラケットのついた歯

矯正歯科の治療

不揃いの歯列も綺麗に整えることができますよ!矯正歯科を神戸で利用するならこちらへどうぞ!豊富な矯正実績を持つ歯科医が綺麗な歯列にします。

子供の頃から歯並びの矯正を行なうことで、大人になって隙間に気にすることがなくなります。小さい内から治療を行ないましょう。

歯の矯正を行なうのには大きな理由があります。
歯のかみ合わせが悪いと健康な歯を無駄に傷つけてしまう場合も高くなりますし、噛み合わせによって痛みなどが発生してしまう場合も高いので、かなり多くの方が歯並びのことで問題を抱えています。
しかし、歯の矯正には多くの時間を必要とする上に、歯に装着する器具はかなり目立つものが多く、お仕事をしている社会人の方が歯の矯正治療を行なう際にはそれなりの勇気が必要となっていました。
近年の矯正歯科で矯正治療を受ける際には、様々な治療方法から自分に合った治療方法を選択する事が出来るようになっているので、とても通いやすくなりました。

一昔前までは、矯正治療を受けるのは子どもの治療だと思っていた方が多いでしょう。
しかし、近年では大人こそ矯正治療を受けるべきだと考えられています。
大人の方は、歯がしっかりと生えそろっていて、永久歯を大切にしなければいけないのですが、噛み合わせが悪いと歯同士で傷つけ合ってしまい、健康な歯なのにボロボロになってしまう事も多々あります。
そのため、永久歯を失ってしまうだけでなく、顎などにも大きな影響を与えて歯や顎の痛みに繋がってしまうのです。
痛みなどが発生した場合はすみやかに歯科を訪れて虫歯か噛み合わせの問題かの確認を行ない、噛み合わせの場合は速やかに矯正治療を受けた方がいいとされています。

子どもが矯正治療を行なう場合は、永久歯が生えそろう前の一期治療と永久歯が生えそろってからの二期治療に分かれるので、通うタイミングによって治療方法が変化してきます。
まず、一期治療を行なう場合は顎の骨の発達前である子どもの時期に骨格の矯正を行ないます。
この骨格を矯正する理由としては、永久歯が生えそろう前に骨格を整えて永久歯がキレイに生えそろう様に準備をする期間です。
二期治療は永久歯が生えそろった状態で行なう治療なので、歯列の矯正で、子どもから大人まで受けられる治療となっています。
一期治療は子どもの時期しか受けられない治療だという事を頭に入れておきましょう。

徳島の歯医者は地域密着型の優しい医療サービスを提供してくれます。歯のトラブルで困っている場合に最適なのでぜひチェックしてみましょう。

オススメリンク